GraphQLスキーマ

... 2022-9-24 About 3 min

# GraphQLスキーマ

# エンティティの定義

schema.graphql ファイルは、様々なGraphQLスキーマを定義します。 GraphQL クエリ言語の機能により、スキーマファイルは基本的に SubQuery からデータの型を決定します。 GraphQL スキーマ言語での記述方法の詳細については、 スキーマと型 (opens new window) を参照することをお勧めします。

重要: スキーマファイルに変更を加えた場合、コマンド yarn codegen を使用してtypesディレクトリを再生成してください

# エンティティ

各エンティティは必須フィールド idID! の型で定義する必要があります。 これは、主キーとして使用され、同じ型のすべてのエンティティの間でユニークです。

エンティティの null ではないフィールドは ! で示されます。 以下の例をご覧ください。

type Example @entity {
  id: ID! # id field is always required and must look like this
  name: String! # This is a required field
  address: String # This is an optional field
}
1
2
3
4
5

# サポートされているスカラー型

現在、次のスカラー型をサポートしています:

  • ID
  • Int
  • String
  • BigInt
  • Float
  • Date
  • Boolean
  • <EntityName> がネストされたリレーションエンティティには、定義されたエンティティの名前をフィールドの1つとして使用することができます。 エンティティリレーションシップ を参照してください。
  • JSON は構造化されたデータを格納することができます。 JSON type を参照してください。
  • <EnumName> 型は、特定の許容値セットに制限される、特別な列挙型スカラーです。 Graphql Enum (opens new window) を参照してください。

# 非プライマリキーフィールドによるインデックス

クエリのパフォーマンスを向上させるために、主キーでないフィールドに @index アノテーションを実装するだけで、エンティティフィールドにインデックスを作成できます。

ただし、 JSON オブジェクトに @index アノテーションを追加することはできません。 デフォルトでは、インデックスは外部キーとデータベース内の JSON フィールドに自動的に追加されますが、クエリーサービスのパフォーマンスを向上させるためにのみ追加されます。

次に例を示します。

type User @entity {
  id: ID!
  name: String! @index(unique: true) # unique can be set to true or false
  title: Title! # Indexes are automatically added to foreign key field 
}

type Title @entity {
  id: ID!  
  name: String! @index(unique:true)
}
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

このユーザーの名前はわかっているが、正確なidの値はわからないと仮定すると、すべてのユーザーを抽出して名前でフィルタリングするのではなく、名前フィールドの後ろに@indexを追加することが可能です。 これによりクエリの処理がより速くなり、さらにunique: trueを渡す事で一意性を確保します。

フィールドが一意でない場合、最大結果セットサイズは100です

コード生成を実行すると、Userモデルの下にgetByNameが自動的に作成され、外部キーフィールドtitleにはgetByTitleIdメソッドが作成されることになり、両方ともマッピング関数で直接アクセスできます。

/* Prepare a record for title entity */
INSERT INTO titles (id, name) VALUES ('id_1', 'Captain')
1
2
// Handler in mapping function
import {User} from "../types/models/User"
import {Title} from "../types/models/Title"

const jack = await User.getByName('Jack Sparrow');

const captainTitle = await Title.getByName('Captain');

const pirateLords = await User.getByTitleId(captainTitle.id); // List of all Captains
1
2
3
4
5
6
7
8
9

# エンティティリレーションシップ

エンティティは、多くの場合、他のエンティティとネストされたリレーションシップを持ちます。 フィールド値を別のエンティティ名に設定すると、デフォルトでこれら2つのエンティティ間の1対1のリレーションシップが定義されます。

異なるエンティティリレーションシップ(1対1、1対多、および多対多)は、以下の例のように構成できます。

# 1対1のリレーションシップ

1対1のリレーションは、単一のエンティティのみが別のエンティティにマップされる場合のデフォルトです。

例: パスポートは1人のみに属し、1つのパスポートしか持っていません(この例では、パスポートは1つだけです):

type Person @entity {
  id: ID!
}

type Passport @entity {
  id: ID!
  owner: Person!
}
1
2
3
4
5
6
7
8

または

type Person @entity {
  id: ID!
  passport: Passport!
}

type Passport @entity {
  id: ID!
}
1
2
3
4
5
6
7
8

# 1対多のリレーションシップ

角括弧を使用して、フィールドタイプに複数のエンティティが含まれていることを示すことができます。

例: 人は複数のアカウントを持つことができます。

type Person @entity {
  id: ID!
  accounts: [Account]! @derivedFrom(field: "person") #This is virtual field 
}

type Account @entity {
  id: ID!
  person: Person!
}
1
2
3
4
5
6
7
8
9

# 多対多のリレーションシップ

他の2つのエンティティを接続するマッピングエンティティを実装することで、多対多のリレーションを実現することができます。

例: 各人は複数のグループ (PersonGroup) の一部であり、グループは複数の異なる人 (PersonGroup) がいます。

type Person @entity {
  id: ID!
  name: String!
}

type PersonGroup @entity {
  id: ID!
  person: Person!
  Group: Group!
}

type Group @entity {
  id: ID!
  name: String!
}
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15

また、中間エンティティの複数のフィールドで、同一エンティティのコネクションを作成することも可能です。

たとえば、1つの口座には複数の転送が可能で、それぞれの転送には転送元と宛先の口座があります。

これにより、転送テーブルを介した2つのアカウント間の双方向の関係(fromとto)が確立されます。

type Account @entity {
  id: ID!
  publicAddress: String!
}

type Transfer @entity {
  id: ID!
  amount: BigInt
  from: Account!
  to: Account!
}
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

# 逆引き参照

リレーションに対するエンティティの逆引き参照を有効にするには、 @derivedFrom をフィールドに添付し、別のエンティティの逆引き参照フィールドを指します。

エンティティ上にクエリ可能な仮想フィールドが作成されます。

Accountからの転送は、sentTransferまたはreceivedTransferをそれぞれのfromまたはtoフィールドから得られる値として設定することで、Accountエンティティからアクセス可能である。

type Account @entity {
  id: ID!
  publicAddress: String!
  sentTransfers: [Transfer] @derivedFrom(field: "from")
  receivedTransfers: [Transfer] @derivedFrom(field: "to")
}

type Transfer @entity {
  id: ID!
  amount: BigInt
  from: Account!
  to: Account!
}
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13

# JSON タイプ

構造化されたデータを格納するための迅速な方法であるJSON型でのデータ保存をサポートしています。 このデータを照会するために対応する JSON インターフェイスを自動的に生成し、エンティティの定義と管理にかかる時間を節約します。

次のシナリオでは、ユーザーが JSON 型を使用することを推奨します。

  • 構造化されたデータを単一のフィールドに格納する方が、複数の別個のエンティティを作成するよりも管理しやすい場合。
  • 任意のキー/値のユーザー設定の保存(値がbool値、テキスト、数値のいずれかであり、異なるデータタイプのために別々の列を持ちたくない場合)。
  • スキーマが頻繁に変更される場合

# JSON ディレクティブの定義

jsonField アノテーションをエンティティに追加することで、プロパティを JSON 型として定義します。 これにより、プロジェクト内のすべてのJSONオブジェクトのインターフェイスがtypes/interfaces.tsに自動的に生成され、マッピング関数でそれらにアクセスできるようになります。

エンティティとは異なり、jsonFieldディレクティブオブジェクトはidフィールドを必須としません。 JSON オブジェクトは他の JSON オブジェクトとネストすることもできます。

type AddressDetail @jsonField {
  street: String!
  district: String!
}

type ContactCard @jsonField {
  phone: String!
  address: AddressDetail # Nested JSON
}

type User @entity {
  id: ID! 
  contact: [ContactCard] # Store a list of JSON objects
}
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14

# JSON フィールドのクエリ

JSON型を使用することの欠点は、テキスト検索を行うたびにエンティティ全体を対象としているため、フィルタリング時のクエリ効率に若干の影響があることです。

しかし、その影響はクエリサービスではまだ許容範囲内です。 ここでは、JSONフィールドのGraphQLクエリに contains 演算子を使用して、'0064'を含む電話番号を所有する最初の5人のユーザーを見つける方法の例を示します。

#To find the the first 5 users own phone numbers contains '0064'.

query{
  user(
    first: 5,
    filter: {
      contactCard: {
        contains: [{ phone: "0064" }]
    }
}){
    nodes{
      id
      contactCard
    }
  }
}
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
Last update: September 24, 2022 05:55